矯正治療を希望される患者様へ
 当院では矯正治療を受けていただく前にむし歯・歯周病がないか診察いたします。
その後、矯正治療を始めることができる状態であれば下記のような流れになります。
必ずご予約のお電話をお願い致します。
矯正治療の流れ
初診(相談)現在の不正状態・治療開始の時期・治療方法・治療期間・諸費用などのおおまかな説明をします。
精密検査(診断資料採得)初診後、矯正治療を希望される方は、現在の状態を正確に知り判断するために下記の資料を採得します。
頭部X線規格写真(側貌・正貌)  パノラマX線写真(全歯牙X線写真)
T.M.J. X線写真(顎関節X線写真)  手根骨X線写真  筋電図
オクルーザルX線写真  デンタルX線写真  顎態石膏模型(咬合石膏模型)
※治療中必要に応じ精密検査の採得を行い、成長・発育のチェック・治療の進み具合や変化を確認します。(治療開始後の検査費用は矯正基本料に含みます。)
診断精密検査の結果を基に、患者さんの不正咬合の現症を診断し、治療方針・治療方法・予定治療期間・矯正基本料金を決定し、説明します。
術前観察・治療開始診断に基づき治療を開始します。まだ、治療開始に早い場合は適当な時期まで観察期間とします。
ここで、処置料・観察料をいただきます。
※処置料・観察料は、時勢に応じて変更されることもあります。治療期間の予想は、その個人の成長・協力・努力により左右されます。
術後観察長い期間を費やし、努力により得られた美しい咬み合わせをより長く保つため、可撤式の保定装置を使用します。
術後観察料をいただきます。
終了術後観察2年後、咬合に変化のない場合は矯正治療終了とします。
※終了後は、咬合の変化・習癖により多少の咬み合わせの変化が生ずることもあります。
また、問題が生じた場合はご連絡の上、ご相談ください。
症例紹介
上 顎 前 突
上顎前突は、下顎に対して、下の歯並びに対して上の歯並びが前に出ている状態で、一般的には『出っ歯』といわれているものです。しかしその中には、歯の軸に問題があるものと上下の顎の大きさ、位置に問題がある場合があります。ほとんどの患者さんは歯だけの問題ではなく骨格的な問題を含んでいる方が多いです。

  1次治療前(術前)2次治療開始前 術  後




  1次治療前(術前)2次治療開始前 術  後

叢生(そうせい)・乱ぐい歯
一般的に乱ぐい歯と言われている状態です。歯と顎の大きさのアンバランスが原因で歯が並びきれずにデコボコが起こる事を叢生症(乱ぐい歯)と言います。
  術 前術 後


受け口
ふつうの咬み合わせは、上の歯が下の歯よりも前に出ます。この上下の咬み合わせが逆になっているのが受け口です。
原因としては、歯のはえる位置や角度にだけ問題がある場合(歯性の反対咬合)と、上あごと下あごの発育のバランスが悪い場合(骨格性の反対咬合)があります。あごに問題がある場合は、遺伝による影響も考えられます。
 術 前術 後




混合歯列期
術 前術 後




矯正時期と期間
矯正の治療開始時期は、歯並びの状態だけでは決められません。骨格の問題や習癖の有無

早期治療
 早期治療は、乳歯列や混合歯列の時期(6歳~10歳)に始める治療のことです。
永久歯治療
 乳歯がすべて交換して永久歯がほぼ生えそろった状態で治療を行います。
森脇歯科医院 〒684-0041 鳥取県境港市中野町1893-1 TEL:0859-42-5555 FAX:0859-42-5995